結婚もせず彼氏もいないことは惨めで愚かなのか

友人が結婚した。

私は25歳で結婚はおろか恋人もいないでいる。そうはいってもこれでもかなりモテてきたと自負しているし、今でもそこそこ声はかけられる。だからまだ結婚に対してなんの焦りも感じていないし、恋人を持たないこの生活も楽しんでいる。

しかし親の立場となるとそうもいかないのだろうか。私の母はこの私の友人の結婚報告を受けてそうとう滅入っている。あれから数週間は1日おき程度結婚に対する嫌味を言ってくるようになった。

私は母の誘いで(半ば強制的に)フラメンコを習っている。やりたくて始めたわけでもないが運動するのは良いことだし…と思って月謝も払っている。自分で。

先日結婚を報告してきた友人がフラメンコの発表会を見たいと言い出した。母にそれを話すと「旦那さんと来るんだろうな…見てもらえばいいじゃん、負け犬の遠吠え」と言い放ったのだ。これにはさすがに腹が立ったが私も母も完全に血の気の多いタイプなので何か言えば必ず喧嘩になるし喧嘩すると私はたいていの場合家出する。そんなことになってはとてもめんどうなので我慢したのだ。私ってば大人。自分が誘った習い事に付き合ってくれている娘に対してこの言いぐさである。

その次の日も母親の嫌味はとまらない。朝から「県が主催する婚活イベントがあるんだって!そういうのに行かないといけないんじゃないの?」などど喚き散らしている。私は朝の準備に忙しいので当然のごとく無視をしてフルシカトを決め込んだ。

ついには独身である知人を引き合いに出し「アンタはあいつを超えているので一生独り身なんだ」などと言いたい放題である。ここで私は言いたい。私の母はバツイチなのである。

50第バツイチ、25歳独身彼氏なし、どちらがまともなのであろうか。

そもそも、25で結婚していないことがそんなにも異常なのだろうか。甚だ疑問である。

私が思うに、母にはこのような通達が国からきているに違いない。

”アナタの娘が今後3年以内に結婚しなければアナタは死刑になります”

そのレベルで毎日のように嫌味を垂れるのである。しかも当の本人はもう二度と結婚などしたくないと言うのだ。一度結婚に失敗しているのでその面倒さたるや…となるのもうなずける。が、その母親が現在進行形で25の娘に向かってこれほどまでに結婚に対する焦燥感を煽っている。

今度結婚する友人はあまり色気のあるタイプではないし、高校の頃は結婚という概念そのものに対し一定の嫌悪感すら抱いていたのだ。そういった友人が私の友人の中で一番に(といっても2~3人しかいないが)結婚したので驚いた。だから母親として「出し抜かれた!!」という気にでもなったのだろうか。

母の焦りは何に対するものなのか、明らかに私よりも焦っていることは明確だし、とてつもなく鬱陶しい。私もいつか娘にこのような嫌なことをいう日がくるのかと思うと子供を産まないであげることも一種の愛情なのかとすら思ってしまう。

もはやこのまま独身を決め込んでそれをもって復讐としてしまおうかと考えるほどにこの結婚ハラスメントは鬱陶しい。年頃の娘を持っている親世代の方々、そして職場のお仲間方、こういったデリケートな部分へは細心の注意を払っていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA