日プ

日プなるものが流行っていて、世間を騒がせているときいた。プロデュース101ジャパンというものらしい。

101人もの女の子たちが集まって行うサバイバル形式のオーディション番組で、ファンの投票によってデビューできる人が決まる。なんとも残酷なルールだ。

私はこういうオーディション番組を見るのはおそらくこれまでは結構好きだったが、ニジューができた虹プロからはなんだか親心のような気持ちになってしまい、疲れてしまうようになった。努力だけでどうにもならないことを大人や、顔もしらないネットの向こう側の人から言われる。そんな環境にさらされるには彼女たちはまだ未熟ではなかろうかと思う。もう「誰がデビューするのかな、私もいつか大人になったらあんな風にキラキラしたいな」などという気持ちでは見られなくなった。

先日デビューメンバーが決定して、私は会社で後輩とメンバーカラーの予想を立てることにいそしんでいる。

絶対ないけど黒ランちゃんとかは見てみたいよね。

わかる

それで、学ランも見たい。

笑 ちょっと似合いそう。

とまぁこんなような会話をくりひろげ、最後はソーランが見たいというところでおちついた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA